診療科

循環器内科

循環器内科では、循環器疾患(心不全・不整脈など)はもちろんこと、睡眠時無呼吸症候群や形成外科と連携して下肢末梢動脈疾患の診療も行っています。

特に「透析患者さんの通院による血液透析と社会生活の両立」に力を入れており、下肢末梢動脈疾患による下肢切断の回避を重点目標にしています。透析患者さんが足を失うと通院が困難になるだけでなく、入院が長期に及ぶことにもなりかねないため、早期発見・早期治療をこころがけています。

診療について

循環器内科

心房細動や粗動のような不整脈、動悸を感じるときはご相談ください。透析中に発生した場合はただちに対応します。

心不全の原因である、溢水と呼ばれる肺うっ血や胸水は水分の過剰摂取によってひきおこされます。水分管理を徹底しますが、心不全の薬物治療と原因疾患によっては連携医療機関にお願いして精査加療を進めます。

前胸部絞扼感や圧迫感は狭心症の症状ですが、狭心症も心不全の原因になります。連携医療機関で冠動脈CTを受けていただき、異常があれば治療を前提に冠動脈造影を受けていただいております。

また、透析患者さんで多いのは下肢末梢動脈疾患とならんで睡眠時無呼吸症侯群です。透析患者さんは、日中傾眠などの症状がでにくいことが特徴といわれています。終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG)を一泊入院で行い、病型(中枢性あるいは閉塞性)と重症度を診断します。閉塞型ではCPAP療法、心不全を合併した中枢性ではASV療法を使い分けています。

その他検査について

不整脈や虚血性心疾患、弁膜症に対して12誘導心電図、ホルター心電図、心エコーを行います。

下肢末梢動脈疾患が疑われる場合、ABI(足関節上腕血圧比)/TBI(足趾上腕血圧比)の同時測定でスクリーニングし、必要なケースでは血管エコーを行います。更にSPP(皮膚灌流圧測定)を追加する場合もあります。下肢動脈造影や治療が必要なケースでは連携医療機関にお願いし一泊入院で実施させて頂きます。

当院は予約制です。受診の際は、
お電話にてご予約ください。

小倉第一病院 予約受付番号
093-582-7730
総合受付 093-582-7730  受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時
地域連携室 093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

総合受付

093-582-7730
受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時

地域連携室

093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

メール

● 診療時間 【午前】 9時〜 【午後】 13時〜
● 透析時間 【月・水・金】 6時〜25時 【火・木・土】 6時〜23時
● 面会時間 【全日】 10時〜21時
(面会時は、受付にて「面会カード」をお受け取りください。
所定の用紙にご記入をお願いします。受付時間外は、病棟ナースステーションへお声かけください。)