診療科

糖尿病内科

当院の糖尿病内科では、「糖尿病という病気をよく知ること」が治療の第一歩であると考え、患者さんへ分かりやすく丁寧に説明することを心がけています。

糖尿病は慢性疾患の一つであり、しっかりとコントロールできれば、通常の生活を送ることができます。そのためには、治療と自己管理の継続が必要となりますが、「ただ食事を減らしましょう」「運動しましょう」と言われるだけでは、具体的にどう行動したらよいのか分かりません。それではモチベーションを長く維持することは難しいでしょう。情報が不足し、疑問を持ったまま時間が経つと、人間は不安になっていくからです。糖尿病と上手に付き合っていくには、患者さん自身が糖尿病について正しい知識を持ち、理解することが必要です。

特に初診時に、以下の項目を分かりやすく説明することに努めています。

  • 糖尿病とはどういう病気なのか?
  • 糖尿病を放置するとどうなるのか?
  • なぜ治療が必要なのか?
  • 今の糖尿病の状態はどうなっているのか?目標は?
  • 具体的に何をしたらよいのか?

糖尿病の治療目的は、血糖値を下げることではありません。血糖値をコントロールすることで、合併症の発症を予防し、いつもの日常生活を維持していくことです。そのためには、「早期発見」と「治療の継続」が何よりも大切です。

診療について

糖尿病内科

糖尿病内科では、主に糖尿病、および糖尿病によって生じる合併症の診断、治療を行っています。

糖尿病の患者さんは、糖尿病以外にも高血圧、脂質代謝異常、腎不全、動脈硬化、骨粗鬆症などを一緒に持っていることが多く、半数は65歳以上の高齢者となっています。したがって、血糖値を下げるだけではなく、それ以外の病気も含め、健康状態全般に配慮した診療を行っています。
当院では、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士など多職種と連携し、チームによる療養指導を行っています。

また、当院の腎臓内科、循環器内科、形成外科だけでなく、地域の他科(眼科、歯科など)病院、診療所とも連携して、合併症の早期発見・治療にあたっています。

糖尿病の症状

糖尿病は、多くの場合自覚症状がありません。血糖値が高い状態が長く続いて初めて症状が現れます。

  • 多尿 - 尿量が多い、夜間何度もトイレに行く
  • 口渇 - 異常にのどが渇く、水を大量に飲む
  • 体重減少 - 食べても食べてもやせる

その他、両足先、足裏のしびれ、ピリピリ・ジンジン感、視力の低下、足のむくみなど合併症による症状が現れることもあります。

検査について

糖尿病内科では、血液検査と尿検査を行い、糖尿病の状態を把握していきます。患者さんそれぞれの状態によりますが、検査は1~3ヶ月ごとに行っています。主な検査項目は、血糖値とHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)です。血糖値は直前の食事の影響を受けてしまいますが、HbA1cは影響を受けない検査であり、過去1~2ヶ月の間の糖尿病の状態を反映しています。

糖尿病の診断については、75g経口ブドウ糖負荷試験を行っています。これは、今の血糖値の状態が糖尿病なのか、境界型なのか、正常なのか、を正確に判定する検査です。また、1型糖尿病、2型糖尿病の鑑別、インスリン分泌能(体の中でインスリンがどのくらい作られているか)、インスリン抵抗性(インスリンの効きがどのくらい良いか)の評価も行っています。

当院は予約制です。受診の際は、
お電話にてご予約ください。

小倉第一病院 予約受付番号
093-582-7730
総合受付 093-582-7730  受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時
地域連携室 093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

総合受付

093-582-7730
受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時

地域連携室

093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

メール

● 診療時間 【午前】 9時〜 【午後】 13時〜
● 透析時間 【月・水・金】 6時〜25時 【火・木・土】 6時〜23時
● 面会時間 【全日】 10時〜21時
(面会時は、受付にて「面会カード」をお受け取りください。
所定の用紙にご記入をお願いします。受付時間外は、病棟ナースステーションへお声かけください。)