当院案内

臨床工学部

透析の質を第一に、安全に透析治療を行います。

臨床工学部

当院における臨床工学技士の業務は、主に血液浄化業務となります。日々、安全に治療が行えるように透析室で患者さんと機械を見守っています。コーナーリーダー業務や穿刺・接続・回収業務に従事しています。院内の医療機器の管理も臨床工学技士の業務です。透析関連機器・人工呼吸器・除細動装置・輸液ポンプなど、院内の様々な機器管理を行っています。 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんのサポートも臨床工学技士が行っています。人工呼吸器とSASの管理を継続して行うスタッフは呼吸療法認定士の資格を取得し、様々な治療に対応しています。

院内の透析機器は臨床工学技士がメンテナンスを行います。安心して透析治療を行っていただけるよう、機器トラブルにも迅速に対応しています。透析中にトラブルが発生した場合を想定して、トラブルシューティングや停電時対策の勉強会などを定期的に開催しています。日々進化する医療技術を学ぶため、学会に参加し、当院で取り入れることができる事は積極的に取り入れるよう努めています。また、資格取得も積極的に行っています。

臨床工学部では患者さんに「明るくて、元気が出る!!」と思っていただけるよう、日頃からコミュニケーションを大切にしています。体調から、透析治療の悩みまで、何でもお気軽にご相談ください。医療機器の管理だけでなく、患者さんの体調の変化や検査データをみながら、医師と相談し、透析条件の変更を行っています。
患者さん一人ひとりにあった透析ができるように心がけています。

取り組み

取り組み

当院では、潰瘍性大腸炎やクローン病に対するGCAP(顆粒球除去療法)や難治性腹水症に対するCART(腹水濾過濃縮再静注法)などの治療も積極的に行っています。

GCAPは他院からの紹介で治療のみを行っています。治療日や治療時間帯は患者さんの仕事や生活スタイルに合わせて決めています。

総合受付 093-582-7730  受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時
地域連携室 093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

総合受付

093-582-7730
受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時

地域連携室

093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

メール

● 診療時間 【午前】 9時〜 【午後】 13時〜 【夜間】 17時〜20時
● 透析時間 【月・水・金】 7時〜25時 【火・木・土】 7時〜21時
● 面会時間 【全日】 10時〜21時
(面会時は、受付にて「面会カード」をお受け取りください。
所定の用紙にご記入をお願いします。
受付時間外は、病棟ナースステーションへお声かけください。)
※新型コロナウイルス感染症対策にて、面会制限を行っております。現在の面会状況については、メニューの「お知らせ」をご覧ください。