新病院情報

新病院NEWs

進捗状況

病院棟北面・西面の足場解体が進んでいます。ここから徐々に病院棟の全容が現れてきます。
乞うご期待の程。また、内部も全フロアで、間仕切・設備・電気工事を着々と進めています。
見学会では、その様子もお見せ出来ることと思います。お楽しみに・・・


進捗状況

ようやく、病院棟の外壁(押出し成形セメント板)工事に目途が付いてきたところです。
これより足場解体に向け、外壁塗装・タイル工事に掛かります。内部の工事も順調です。


広報紙「号外vol.4」を公開

小倉第一病院 広報紙『はっぴーNEWs 号外vol.4』を公開いたしました。

今回は外来透析室をピックアップし、表面は新しくなる『透析チェアのご紹介』、裏面は『2階フロアのご紹介』です。
新病院の大きな特徴のひとつである、外来透析室の内観パース図が表紙となっています。

院内各所に設置しております。
来院の際はご自由にお取りくださいませ。


現地建築会議

今回の定例会議では、3階から5階部分の外壁の色を確認しました。
上部の白い壁色2種類からの選択。一見違いが分かりませんが、太陽光の下で主張しすぎない左の色味を選びました。

打ち合わせのあと、建設中の建物内部を少しだけ見せて頂きました。
区画壁が並び、各部屋の大きさを実感できました。特に、2階外来透析室の広さは圧巻です!

外来透析患者さんは、立体駐車場から渡り廊下を通り、直接館内に入れるようになっています。
駐車スペースは、ゆったり広々としていました♪
新病院での環境の良さを、さまざまな面で感じることができました。


進捗状況

2階透析室の屋根工事、外壁(押出し成形セメント板)工事を、急ピッチで進めています。
内装工事・設備工事も下階より準備に入っています。


現地建築会議

外部足場の2方向に、当院の2 種類の巨大ポスターが掲げられました。
現地での定例会議では、まず外壁に取り付けられる病院名の文字サイズ(原寸)と夜間ライトアップ時の確認を行いました。

病室やサ高住居室の扉を開けるときの力量は、測りを使って調整します。
実際の動作確認は、院長と看護部長が行いました。患者さん目線に立ち、細かくチェックをしていきます。

会議が終わる頃には外はすっかり暗くなり、工事現場を照らす灯りが柔らかくてとても綺麗でした。


現地建築会議

今回の現地建築会議は、主に内装材についての打ち合わせです。
1階から5階までの、全館・各部署・各エリアの内装材のご提案を
伊藤喜三郎建築研究所の宮武係長よりプレゼンしていただきました。

内観も外観と同じように、自然の木や石の質感を取り入れています。
使用するカーペットの素材や性能の確認も、しっかり行ってきました。

5枚目のイメージ画像は、「メイン出入口」の内観パース図になります♪


進捗状況

外部足場の組立が完了しました。これから、外装を仕上げる作業が始まります。
建物が再び姿を現すのは、6月頃の予定です。

患者さん優先の立体駐車場も、全貌が見えてきました。
1階・2階・屋上の3階建ての構造で、お車95台の収容が可能です。


広報紙「号外vol.3」を公開

小倉第一病院 広報紙『はっぴーNEWs 号外vol.3』を公開いたしました。
今回は、『新病院建設の進捗状況』と『1階フロアの紹介』です。

院内各所に設置しております。
来院の際はご自由にお取りくださいませ。


進捗状況

病院棟は、概ね建て方が完了しています。
2階より、床躯体・設備工事が始まっています。
立駐棟は、2月1日より、鉄骨工事を開始します。
ますます忙しくなってきますが、まずは安全第一・誠実施工を徹底遵守します。


広報紙「号外vol.2」を公開

小倉第一病院 広報紙『はっぴーNEWs 号外vol.2』を公開いたしました。
今回は、今年の秋に完成いたします『新病院への交通アクセス』がメインとなっています。
ご来院イメージとしてお役立てください。(2021.1月時点の交通状況より)

院内各所に設置しております。
来院の際はご自由にお取りくださいませ。


進捗状況

本日も、大型クレーン3台がフル稼働しております。
工事は至って順調に進んでいます。


現地モデルルーム

年明け最初は現地モデルルームの見学となりました。
新病院の実際とほぼ近いものが再現され、期間限定で建てられています。
今まで建築会議で打ち合わせていたものと相違がないか確認を行いました。
今回は透析室です。新病院で導入される透析チェアやコンソールも配置されました。

透析室スタッフが透析チェアに掛け、座り心地やリクライニングの角度を体感しました。
座り心地の良さに思わず驚いていました。

今までパース図やサンプルでの確認でしたが、
モデルルームでは照明や壁紙も含め全体を確認できるとあって
一層、新病院に期待が高まります。

確認後は関係業者も含め、再度打ち合わせです。
少しでも患者さんに寛いでいただけるよう
よりよい透析室環境を目指して、ヒアリングは続きます!


進捗状況

2020年の作業も、最終日となり、無事故・無災害で終わることが出来そうです。ひとえに関係する皆さんの尽力のお陰です。新年は、いよいよ開院に向け、”全力疾走”の年になります。全員の力を集結し、より良い建物の完成を目指しましょう!新年も、よろしくお願いいたします。


進捗状況

鉄骨建て方は、順調に進んでいます。先日の立柱式から比較すると一目瞭然です。
ここに至るまでに、設計時の白紙からの具現化、内外装との整合を計る図面チェック、部材一ピースとして漏れのない製品検査・・・・等々、沢山の関係者の英知と努力が形となっていきます。


立柱式

新病院の建設現場におきまして、立柱式を執り行いました。
立柱式とは建物内に最初に建てられる柱に工事安全祈願をする儀式です。
その柱のボルトを締める所作を行い、鉄骨建方の重機にお清めのお米、お塩、お酒を撒きました。

冬の朝日に柱が照らされ、神々しい雰囲気となりました。
参加したスタッフ一同、高揚感はもちろん、長年病院を共に支えていく柱の
第一歩に身の引き締まる思いです。


現地建築会議

今月は現地事務所で建築会議が行われています。
各部署のスタッフが赴き、主にコンセントや機器配置などの打ち合わせです。
設計事務所、施工業者、機器工事メーカーと一緒に確認を行います。

事務所内にはヘルメットに貼ってある安全第一のハッピーシールもあり、少しお裾分けいただきました。何に貼ろうか迷っちゃいますね(^^)


進捗状況

全棟ほぼ、基礎工事が完了しました。これより、鉄骨工事に向け、準備を万端にします。


進捗状況

病院棟では、引き続き1階の床(スラブ)躯体工事中です。
第2工区・第3工区を手掛けています。無事故・無災害、高品質を目指しつつ工事中です。
立駐棟は、基礎コンクリートも完了し、現在埋め戻しているところです。


進捗状況

病院棟では、1階の床(スラブ)躯体工事が始まっています。
立駐棟は、基礎工事中です。安全第一で作業を進めています。


進捗状況

病院棟では、最終工区の基礎工事中です。10月2日にコンクリートを打設します。
また、立駐棟の基礎工事も始まりました。連日、クレーンや大型トラックが稼働しています。


進捗状況

病院棟では、まだまだ基礎工事が続いている状況です。少し涼しくなったか、作業の能率も良くなってきました。
その他、立駐棟・薬局棟も掘削工事を終え、基礎工事の乗り込みを待つばかりの状況です。


食器選定

栄養指導管理室では新病院にむけての食器の選定が行われました!

実際にイメージしやすいように食器の中に食品サンプルを入れ、見た目のバランスも考えながら、患者さんの食欲をそそるような食器を選んでいきました。

新病院では、現在の仕切りのあるトレイからフラットなトレイに変更し、スムーズな食器の移動が可能になります。また、入院食の食器の種類を増やすことで、患者さんの飽きがこないよう工夫していく予定です。新病院でのお食事も、どうぞ楽しみに♪


進捗状況

上から見渡すと病院棟側に土台らしきものがみえてきました。

今後はコンクリートを流し込む前の型枠を建て込んでいく作業が行われます。
図面との誤差がないように精度が問われる重要な工程となるそうです。


什器選定会議

什器とは「じゅうき」と読み、主に家具や備品のことを指します。
病院での什器といえば、棚やテーブルのほかに待合室のソファ、電子カルテのカート、更衣室のロッカー、薬品のキャビネットなどたくさんの種類があります。
新病院にどういったものを選定するか以前から会議が行われています。

使いやすいもの、収納力が高いもの、配置場所など各担当者が業者さんと意見を出し合いながら、設計図と常ににらめっこしていますよ。

患者さんが快適に過ごせる環境づくりのためにも大事な選定会議です。
引き続きじっくり打ち合わせを行っていきます!


鎮物の儀式

全ての杭打ち工事が終了し、病院棟の第一工区にて基礎工事が始まっています。
足場が組まれ、新たな光景に様変わりしていました。

本日は鎮物の儀式が執り行われました。
「鎮め物」とは土地の神様を鎮め、工事の安全祈願および竣工後も未来永劫に建物と建主を守って頂くという願いを込めて、基礎の下に埋める大切なものです。
施工業者の所長さんや職員・作業員の皆様に見守られ、院長が納めました。

厳しい暑さの中での儀式となりました。
現地の職員さん、作業員さんは汗一杯に頑張っておられます!
どうか熱中症には十分にご注意下さい!


現地事務所会議

現地での建築会議へ院長、事務長、看護部長、臨床工学部長、経営戦略部長の5名で出席しました!
初めて立ち入る工事現場、今でしか見られない光景、基礎工事の模様にテンションが上がり、思わず記念撮影(^^)

そしてなんと!ヘルメットが、ハッピーちゃん仕様で可愛くなっていました。
私たちを守ってくれる大事なお伴です。
これからの定期的な現地見学も、安全第一に!


進捗状況

続いて、立体駐車場棟の杭打ち作業中です。
同時に、工事事務所前で防火水槽の山留工事(掘削した地盤が土圧や水圧によってくずれない様に山留で抑える)が始まりました。


進捗状況

いつの間にか、大型の重機が搬入されていました。
これから約1ヶ月、杭打工事の開始です!
タテに長~いこちらの重機を使って、病院棟・薬局棟の杭打ちを行っていきます。


現地見学、お打合せ

施工会社奥村組さんのご案内で現地へお邪魔しました。建設予定地内に縄張りやスロープが整備され、
現地事務所が建てられていました。地鎮祭からすでに大きな変化がみえて驚きました。

事務所内で全体工程表の説明を聞き、進捗状況の写真撮影などについてお打合せしました。

現場には工程に合わせて様々な作業員さんが出入りされています。
新型コロナウイルス対策として、ある作業員さんのヘルメットにシールドが付いていました。

シールドは上げ下げできる優れものです。
新型コロナウイルス対策はもちろんのこと、皆さんどうぞご安全に!


地鎮祭

病院移転新築工事の地鎮祭が行われました。地元の到津八幡宮宮司さんの司りにより厳かな雰囲気の中、執り行われました。
施工業者、設計業者、自治会長さんにも参列いただき、移転新築工事の安全を祈願しました。いよいよ工事がはじまります!


広報紙「号外」にて新病院情報公開

合同忘年会でのサプライズ発表を受け、急きょ広報紙「号外」を発行しました!
設計コンセプトに移転場所、外観パース図…さらに院長の新病院にかける思いについて掲載しています。
さっそくスタッフをはじめ、患者さんや関係業者、近隣施設への配布を行いました。


新病院移転発表

先日の3年に一度行われる合同忘年会。そこで院長より新病院移転の発表が行われました。

チョコレートアーティストHaruさんが作成した動画でのサプライズ発表に職員一同驚きました。
院長らしい発案です。

この写真は院長がランニングの際に撮影したものです。
奥に見える敷地の一部が新病院移転先の場所となります。
情報解禁となり、いよいよ気持ちも高まってきました!

総合受付 093-582-7730  受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時
地域連携室 093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

総合受付

093-582-7730
受付/月〜金曜日8時〜18時 土曜日8時〜17時

地域連携室

093-582-7730  受付/月〜金曜日9時〜17時

メール

● 診療時間 【午前】 9時〜 【午後】 13時〜
● 透析時間 【月・水・金】 6時〜25時 【火・木・土】 6時〜23時
● 面会時間 【全日】 10時〜21時
(面会時は、受付にて「面会カード」をお受け取りください。
所定の用紙にご記入をお願いします。
受付時間外は、病棟ナースステーションへお声かけください。)
※新型コロナウイルス感染症対策にて、面会制限を行っております。現在の面会状況については、メニューの「お知らせ」をご覧ください。